顎ニキビ 女性ホルモン

顎ニキビとホルモンバランスの関係!女性ホルモンの働きと対処法

顎ニキビは、女性ホルモンの影響が原因となっていることがあり、ホルモンバランスの乱れによって悪化したり、繰り返したりと肌トラブルを深刻化させているのです。
そこで今回は顎ニキビとホルモンバランスの影響について詳しくご説明していきます。

 

女性ホルモンによって、私たちの体にはどのような影響が現れるのか、ぜひ参考にして顎ニキビの改善に役立てましょう!

 

顎ニキビを悪化させる女性ホルモンの影響

 

いくらお手入れしてもなかなか改善しない顎ニキビは、女性ホルモンの影響を強く受けている可能性があります。

 

女性ホルモンとは卵胞ホルモンといわれるエストロゲンと、黄体ホルモンといわれるプロゲステロンの2種類があり、このホルモンが分泌されることにより、肌・体・心と、女性が生きていく上で重要な働きに影響を与えています。

 

この女性ホルモンは生理周期によって分泌量が変わり、どちらか一方が優位になっている時に、体に様々な変化が現れるようになります。
そして特に顎ニキビが生じる原因となっているのがプロゲステロンです。

 

プロゲステロンは、排卵直後から生理開始までに多く分泌され、女性の身体を妊娠しやすい状態へと保つ働きがあります。しかしプロゲステロンの分泌が増えすぎると、肌荒れや便秘、精神的に不安定になりやすくなりといったマイナスな働きも…。

 

生理前に顎ニキビや肌トラブルが増える原因は、このプロゲステロンに影響を受けて肌のバランスが不安定になっているということが言えるのです。女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンのバランスがとれているかが、重要なポイントになります。

 

プロゲステロンは生理周期以外にも、睡眠不足・食生活の乱れ・過度のストレス・運動不足など、不規則な生活によっても影響を受け分泌量が多くなり、ホルモンバランスが乱れる原因になってしまいます。

 

肌や体調を改善ためには、エストロゲンとプロゲステロンのバランスを整えておくことが重要になるので、不足しがちなエストロゲンを補うためにも、日頃の食生活に注意が必要になります。

 

顎ニキビの改善に!女性ホルモンを整える方法

 

プロゲステロンの分泌が促されることで、皮脂の分泌も多くなるので顎ニキビが悪化しやすくなります。改善するためには、まず女性ホルモンのバランスを整えて、肌の状態を安定させることが重要です。

 

女性ホルモンのバランスを整えるためには、まず質の良い睡眠をしっかりとることが大切です。睡眠不足が続くとホルモンバランスだけでなく、自律神経の乱れの原因となり、更に肌を不安定な状態へと悪化させてしまうので、まずは十分睡眠をとりましょう。

 

なかなか長時間の睡眠をとることができない方でも、入眠して3時間に良質な睡眠をとるように意識すれば、体のダメージを修復し、ホルモンバランスや自律神経を整えることができるようになります。

 

入眠3時間に良質な睡眠をとるためには、寝る前から徐々に心や体を睡眠しやすい状態へとリラックスさせることが大切です。就寝1~2時間前からパソコンやスマホを見るのはやめて、ストレッチやマッサージをして、ゆったりした時間を過ごすようにしましょう。

 

また睡眠と同じく重要なのが、栄養バランスの整った食事です。インスタントやファーストフード、外食などが続くと栄養バランスが偏りやすく脂質の多い食事がメインになってしまい、ホルモンバランスを乱す原因になってしまいます。

 

日頃から脂質が少なく栄養バランスの整った食事を意識することが大切です。
女性ホルモンのバランスを整えるのにおすすめなのが和食です。和食は脂質が少なく、魚・野菜・肉とたくさんの食材をバランスよく摂取できる理想の食事と言えます。

 

特に大豆製品に含まれる大豆イソフラボンは、不足したエストロゲンに似た働きをするため、ホルモンバランスを整えたり、皮脂分泌を抑制したりと、美肌のために重要な栄養素なので、意識して摂取するようにしましょう。

 

大豆イソフラボンを多く含む食材:豆乳・大豆・納豆・豆腐・油揚げ・きな粉など…
普段の食事の中で上手に取り入れるようにしましょう。

 

顎ニキビの改善は女性ホルモンを整えることから始めよう!

 

睡眠や食事など、普段の生活で不規則になりがちな習慣を断ち切り、女性ホルモンバランスが整えば、なかなか治らず繰り返しやすい顎ニキビを改善することができるようになります。

 

女性ホルモンのバランスが乱れると、私たち女性の身体に様々な悪影響を及ぼしてしまいます。
日頃の生活習慣を見直し、女性ホルモンを整えるように意識を向けてみましょう。