顎ニキビ 食事

顎ニキビを悪化させる食事とは…肌トラブルに影響を与える食生活

気になる顎ニキビ、毎日しっかりスキンケアしていてもなかなか改善しない…そんな時は
普段の食事が肌トラブルの原因になっていることもあり、食生活の見直しが必要かもしれません。

 

いつもの食事がお肌トラブルにどんな影響を与えているのか、また食生活を見直すポイントなどを詳しくご紹介していきます。
あなたの食生活と重ね合わせながら、見直すべき点を考えてみましょう。

 

顎ニキビを悪化させる食事とは?

 

顎ニキビの原因は生活習慣の影響を受けていることが多い傾向にあります。
10代の頃にできるおでこや鼻周りの皮脂性のニキビと違い、睡眠不足やストレスなどが原因となっていることが多い顎ニキビは、まずは生活習慣の見直しから始めてみましょう。

 

生活習慣の中で特に注目したいのが食事の影響です。毎日の食事が私たちの肌や体の元となっているので、食べる物によって美肌の元にもなり、また美肌を阻害する元にもなってしまうのです。

 

顎ニキビを悪化させる食事として挙げられるのが、まずは脂質の多い食事です。
最近は食生活が欧米化し、肉類や乳製品を多く摂取するようになったことで、カロリーの高い食事が中心になることが多くなりました。

 

摂取する脂質が多くなると肌の皮脂分泌も過剰になり、毛穴詰まりを起こしニキビの原因となってしまうので注意が必要です。

 

次に気を付けたいのがスパイスや香辛料などをたくさん使用した食事です。スパイスや香辛料は食欲をそそり、ついつい食が進んでしまいますが、胃腸にとっては刺激物となり胃腸の働きを弱めてしまうことになります。

 

胃腸の働きが弱まると、食事の消化吸収する力も低下してしまうため、肌や体作りのために重要な栄養が不足しがちに…。栄養が足りなくなった肌はターンオーバーが乱れ、肌が不安定な状態になり、顎ニキビの原因になってしまいます。

 

そして最後に糖分が多い食事です。脂質と同様に糖分を取りすぎると、皮脂の分泌が促されて顎ニキビを悪化させる原因になってしまいます。

 

また糖分を代謝させるために、体内では多くのビタミンB群を消費することになります。
このビタミンB群は美肌を保つためにも重要な栄養素なので、糖分の代謝で不足してしまうと、肌トラブルを引き起こす原因になってしまいます。

 

このように普段何気なく食べている食事が、顎ニキビの原因になっていることがります。
ファストフードやコンビニ弁当、カップ麺、外食などの食事が中心となっている方は、特に注意しておきましょう。

 

顎ニキビの改善に効果的な食事とは?

 

顎ニキビを改善するためには、脂質・香辛料・糖質に注意した食事を意識することが大切です。そこでオススメなのが和食中心の食事です。和食は脂質が少なく、野菜・肉・魚と美肌に必要な栄養素をバランスよく摂取することに向いている食事と言えます。

 

顎ニキビを改善するためにも、欧米化した食事を一旦リセットし、一汁三菜の和食生活を始めてみましょう。

 

特に意識して摂取したい栄養素としてはビタミン・鉄分・食物繊維です。

 

ビタミンは肌の生まれ変わりを促し、肌の状態を整えるために重要な栄養素です。
特にAやB群は美肌に重要な栄養素となるので、意識して摂取するようにしましょう。
ビタミンを多く含む食材:レバー・ほうれん草・アーモンド・うなぎ・牛乳など…

 

鉄分は不足するとホルモンバランスを崩し、肌が酸欠状態となり、美肌を阻害する要因になります。特に女性は月経によって鉄分が不足しやすいので注意が必要です。
鉄分を多く含む食材:レバー・カツオ・牛肉・ほうれん草・ヒジキなど…

 

最後に食物繊維は腸内環境を整える働きで、食事の消化を促し、美肌に必要な栄養の吸収をスムーズに行うことができるようになります。
食物繊維を多く含む食材:ごぼう・パセリ・納豆・穀類・きのこ・玄米など…

 

このような食材を毎日の食事にバランスよく取り入れて、顎ニキビを改善していきましょう。

 

普段の食事を見直して顎ニキビを改善しよう!

 

いくらお手入れしてもなかなか治らない顎ニキビを改善するためには、食事の見直しが大切なポイントになります。
美肌のために必要な栄養素を意識して摂取し、顎ニキビの改善・予防を目指しましょう!