顎ニキビ 生理

顎ニキビの悪化に影響を与える!?生理周期とホルモンバランス

女性は生理によって様々な変化が体に現れることが多々あります。
そしてそんな整理によるマイナートラブルの一つに顎ニキビが挙げられます。なぜ生理になると顎ニキビが悪化してしまうのか、気になる原因について詳しくご説明していきます。

 

生理周期が女性に与える影響とはどんなものがあるのか、ぜひ参考にして美しい肌を取り戻しましょう。

 

生理によって顎ニキビが悪化する原因

 

生理の前になると急に顎ニキビが生じるようになるのは、ホルモンバランスの乱れが影響しています。私たち女性の身体にはエストロゲンとプロゲステロンの2種類の女性ホルモンが分泌されており、体の働きの管理や調節をしています。

 

この2種類の女性ホルモンは生理周期によって分泌量が変化していますが、特に注目したいのが排卵から生理開始までに多く分泌され、顎ニキビや肌トラブルに影響を与えているプロゲステロンの働きです。

 

プロゲステロンは、体温を高めたり、子宮内の状態を整えたりと、妊娠しやすい状態へと変化させるホルモンです。女性の身体にとって大変重要な働きをするホルモンですが、その一方体は様々な影響を受けることになります。

 

プロゲステロンの分泌量が増えると、むくみ・イライラ・PMSなど不快な症状が現れるようになります。プロゲステロンが優位になり、エストロゲンの分泌が減少すると美肌を維持する働きが弱まってしまい、顎ニキビや肌トラブルが生じやすくなります。

 

また生理前は肌のバリア機能も低下し、皮脂の分泌量も多くなります。そのためニキビの原因菌であるアクネ菌の働きを抑制することができずにどんどんと増殖し、顎ニキビができやすくなってしまうのです。

 

このように生理前は私たちの体の中でホルモンバランスが大きく乱れるので、お肌が影響を受けやすい時期なのです。生理が始まると逆にエストロゲンの分泌が増えるので、お肌の状態が安定しやすくなります。

 

生理周期で顎ニキビに影響を与えないための対処法

 

生理周期によって悪化してしまう顎ニキビは、ホルモンバランスの乱れを整えることが重要になります。ホルモンバランスを整えれば、顎ニキビ以外の肌トラブルやPMS、生理痛などの改善にも効果が期待できます。

 

まずオススメしたいのが、不足したエストロゲンを補う方法です。
実はイソフラボンという栄養素は、エストロゲンに似た構造をしているため、意識して摂取することで、エストロゲンの働きを補ってくれる効果があります。

 

イソフラボンを多く含む食材としては、豆乳・納豆・豆腐・大豆・きな粉・味噌など、大豆製品の摂取がおすすめです。特にエストロゲンの分泌が減る生理1週間前から摂取すれば、ホルモンバランスを整える働きをしてくれます。

 

また生理前はホルモンバランスの乱れから、体が冷えやすくなります。体が冷えると肌代謝や免疫力が下がります。体が冷えると自律神経にも乱れが生じるため、肌はますます不安定な状態へと変化してしまいます。

 

生理前の冷えを改善するためには、体を動かしたり、湯船に浸かったりと、血行を改善することが大切です。冷たいものを食べたり飲んだりすると、体の中から冷えてしまうので、控えるようにしましょう。

 

ニンジン・生姜・ゴボウ・山芋などの根菜類は、体を中から温める働くがあるので、食事の中に意識して取り入れてみましょう。

 

顎ニキビを生理で悪化させない体づくりを!

 

女性の身体は生理周期によって様々な影響を受けることになりますが、ホルモンバランスや体の冷えはしっかり対処し、トラブルを未然に防ぐことが重要です。

 

日頃から基礎体温を付けていれば、自分の体の流れやリズムをつかみやすくなり、生理による影響に早めに対処することができるようになるのでオススメです。生理前に繰り返す顎ニキビは体の調子を整えて、悪い流れを断ち切るように意識しましょう!