顎ニキビ 炎症

あなたの顎ニキビ炎症がひどくなると大変なことに

顎にできたニキビは他のニキビと違って放置しておくとどんどんひどくなっていきます。ひどくなると治った後でも跡が残ったりして大変なことになります。

 

顎にできているニキビはどうしても隠せません。仕事などでお客様と対応しないといけない方にとっては一大事です。

 

炎症や化膿がひどくなる前にこの記事を読んで早く対処してください。

 

【ニキビは放置すると腫れあがる!?】/h4>

ニキビそのものが毛穴の中で細菌が繁殖して毛穴が炎症を起こしてしまいます。そこで対処しておくとそこまでひどくはならないのですが、そこで対処をしないとどんどん炎症がひどくなって化膿してしまいます。

 

そうなると炎症が毛穴から奥にどんどん広がってしまって腫れあがり「しこり」のようなものになってしまいます。

 

そうなると自分で治すことは困難になってしまいます。さらに放置するととてつもないことになります。

 

対処が遅れるとニキビ跡が大変なことに!?

人間の身体も黙っているわけではありません。炎症がひどくなっている状態が続くと自分の身体を守るために様々な対応をします。しかしそれが違う問題を引き起こしてしまうのです。

 

人間の身体は炎症を起こした箇所のメラニン色素を増やしていきます。メラニン色素は日焼けなどで知られているものですがニキビができて炎症がひどくなっても生成が活発化されます。メラニン色素には肌を保護する効果があるからです。

 

しかしメラニン色素は色素と名がついているので色があります。日焼けした時の黒や茶褐色の色です。それがニキビがある場所に増えるのでピンポイントで日焼けしたような感じになります。

 

いわば肌が斑(まだら)状になりますしシミ、そばかすの特大サイズのものができたようなものですので女性でなくても気になるものです。

 

さらにそれだけでなく炎症を起こしている肌ではそれを修復しようと肌の再生作業が活発に行われます。そうすると再生作業がやりすぎてしまいことがたまにあります。

 

そこは多くできすぎたままで終わることがあり治った後もその多くなりすぎた肌の状況が正常値として扱われます。つまり肌が凸凹の状態になってしまうということになります。

 

顎ニキビができたときは早く対処しましょう

顎はニキビができやすいので忙しい現代人にはなかなか治しにくいかもしれませんが皮膚科などに行きちゃんとケアしていきましょう。