顎ニキビ オロナイン

顎ニキビにオロナインは効くのか

顎にできてしまった大人ニキビに大塚製薬から販売されている超ロングセラーの皮膚用抗菌軟膏「オロナイン」は効果があるのでしょうか?

 

オロナインの効果・効能にはニキビ、吹き出物、火傷、しもやけ、あかぎれ・・・と皮膚に関する症状が大抵書かれています。しかしニキビに使っても効果がなかったということもききますのでそのあたりの真実をお伝えしていきます。

 

顎ニキビの原因は?皮膚では何が起こっているの?

顎ニキビの原因はホルモンバランスの変化、乱れた生活習慣、間違ったスキンケア、乾燥肌・インナードライなどが主な要因です。これらが1つ以上あるとニキビになるリスクが一気に上がりますので気をつけましょう。

 

これらの要因がありさらに毛穴の皮脂に細菌が繁殖して炎症が起こります。本来なら自己治癒力のほうが勝るのですが、上記の要因が多ければ多いほど自己治癒力より細菌の繁殖とそれによる炎症のダメージに勝てなくなり一定を超えると細菌たちの力が勝ちます。

 

潰せば治りが早いと思っている方もいますが、一時的には正解です。潰して中の細菌が繁殖しきった皮脂を排出することで細菌の数がグンと減るからです。しかし潰した傷跡にかえって細菌が繁殖すると元よりひどい状況になります。

 

よって細菌の繁殖を抑えることが重要になります。

 

オロナインは効くのか?

オロナインの主成分はクロルヘキシジングルコン酸塩液です。これは殺菌・消毒効果が高い成分です。もちろんニキビの細菌の殺菌にも効果があります。

 

しかし何でもそうですが、早い段階でのケアなら効果が高いですが、進行が経っているものにはオロナインだけでは効果が足りないので、治らないと思われている方もいます。

 

オロナインが最も効果を発揮できるのは赤くなっていてニキビができそうなときです。炎症が少し進んでいる段階なので細菌さえなくなってしまえば自己治癒力で比較的早く治ります。

 

あとニキビが小さい場合も同様です。小さいニキビなら間違って潰した場合でも十分効果が期待できます。

 

しかし大きいニキビだと細菌がいなくなったとしても治るのに長い時間がかかります。オロナインにはそこまで保湿は期待できないのでかえって、オロナインを塗るときに指の細菌をつけてしまうかもしれません。

 

オロナインは初期のニキビに

オロナインは初期のニキビに対して効果が期待できます。まずは前述した4つの要因を改善していきましょう。